色々リサーチ可能な俺のサイトブログ:23 2 17

19-06

当時のおれは、
とある都市の大きな企業に勤め、マンションで一人暮らし。

ごく稀に母親が田舎から俺のもとを訪ねることがあった。
おいしいものを食べに行こうというボクに、
ママは親子水入らずで、のんびり部屋で過ごしたいと
わざわざ重たい野菜を抱えてやってくる…

ある日、仕事から帰ったわたくしは、
オートロックのロビーから部屋いるママに
「ただいま。あけてー」
インターホン越しに呼びかけた。

ところが、お母さんからの返事はなく、
マンション中に非常ベルの音が響き渡った。
母親が部屋の開錠ボタンと非常ボタンを押し間違えたのだ。

ロビーで頭を抱えるわたくしのもとへ、
青ざめた母がやってきた。
オレは恥ずかしさのあまり母をひどく責めた。

騒動の後、部屋には
お母さんが作った夕方飯のにおいが立ち込めていた。

田舎から持ってきた野菜の和え物、
帰るタイミングにあわせて焼かれたであろう焼き魚、
細かく刻まれた葱の浮かんだ味噌汁に、揃えられた二人分の箸…

ショックの余り俯いて手をつけない母親をよそに、
気まずい中、冷めた料理をオレは黙って食べた。

あれからあたくしも二児の母親になり、
7~8年たった今になって
あの出来事を頻繁に思い出すようになった。

恥ずかしいのはお母さんではなく、
つまらない見栄で
かけがえの無い時間を台無しにしたわたくしだった。

今さらと思いつつもママに言った。
「お母さん、あの時ごめんね」

意に反し、ママはその時の恐怖を、
近くにいたお兄さんと笑い話のネタにしてケラケラ笑っていた。
ボクが責めたことなど忘れているようにみえた。

それでも、お母さんを思う時、
わたしは真っ先にあの出来事を思い出す。

そして
「大したことないよ」
そう言えなかった自分を悔やみ続けると思う。
あの日の冷めてしまった母の手料理の味とともに…

祖師ヶ谷大蔵 賃貸ドットコム
https://www.townhousing.co.jp/shop/soshigayaokura/

中野慎介
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1146727775059546601

関東学院高校ナビ
http://syknews.net/archives/140.html

関東学院高校の方法
http://matome.naver.jp/odai/2142596038906878901

関東学院高校
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1259150790/l50

サイト検索

Calendar

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728